2020.01.10 Friday

    

小さきものと原宗教感情

 この正月、たまたま母校である幼稚園を訪れることができ、同敷地内にある教会でミサにもあずかることができました。

自分の原点、長年「子ども」にこだわり続けてきた源泉がここにあることを再認し、至福の時を噛みしめることができました。

 「小さきもの」、「弱きもの」を慈しむ感性、いかなる信仰や思想を持っていようとも、単なる情緒に収まらないこの「原-宗教感情」のようなものは、人間を根底から揺さぶる力があるように思います。



▲このページの先頭へ